安心して作業の効率化やスキルアップに時間をさける、というメリット

クラウドワークスはスキマ時間で稼げます。
タスクという形式の案件がありますが、これであれば、著しく要件をはずさなければ、承認される確率はとても高いものです。
通常の業務など会社で作業する場合では、成果物が一発で承認されるということはあまりないかと思います。たいていは上司からのダメ出しや赤入れが、数回入ることでしょう。
しかし、タスクの場合、発注者がそのことを理解しているため、ある程度作業内容がはっきりしていて、直しのコストがほぼ無いという仕事ができるのです。
ただそのタスクも、安心して取り組める要件でないと受ける方も困ってしまいます。なかには規約違反のタスクもあるからです。たまにそういうタスクを見つけますと通報させて頂きますが、クラウドワークスではその対応がとても迅速です。一度、祝日中にもかかわらず対応してもらったことがあり、驚いたほどです。
過去に他のサービスを使っているとき、一度通報をしたことがあります。しかし、なぜか詳しい根拠を求められるなど、通報者が面倒になってしまうということに。せっかく通報しているのに、これではモチベーションは下がってしまいます。
すべてのタスクに目を通したわけではありませんが、少なくとも私が今実感しているメリットは、クラウドワークスを使うかぎりは、規約違反だったり、無茶なタスクだったりする確率は少ないのかな、と感じています。
そして、そういう点がなく作業に専念できれば、自らの作業効率をあげよう、というスキルアップに安心して専念ができます。効率化を考える余裕もでき、ありがたく思います。
スキルアップすると10分程度で終えるタスクもでてきて、スキマ時間に稼げ、本当に助かっています。