木星のオーロラは地球の1000倍!?そのメカニズムとは?

今日は宇宙のロマンのお話です。
木星のオーロラは、太陽系で最も強力であることが知られている。
オーロラの原因のひとつは、木製の衛星であるイオの火山活動である。
イオの火山が噴火すると、電気を帯びた溶岩がプラズマとして放出され、木星の北極と南極に到達する。
研究チームは、ハッブル宇宙望遠鏡のデータを手がかりに、木星でオーロラが発生するプラズマ流のメカニズムを解明した。
木星のオーロラは太陽系で最も激しく、その明るさは地球のオーロラの1,000倍以上にもなります。
この驚異的なオーロラの発生源が、新たな研究によって明らかになりました。
木星の衛星イオは、太陽系最大の惑星である。
木星の衛星イオは、太陽系で最も火山活動が活発な天体で、400以上の火山があり、空に向かって何万メートルもの溶岩を頻繁に噴き出している。この噴出した溶岩は、プラズマとして木星の軌道に取り込まれる。天文学者のジェームズ・オドナヒューは、このプラズマを「電気を帯びた物質のスープ」と表現している。
宇宙空間に噴出し、プラズマとなった溶岩は、木星の強力な磁場によって捕獲され、木星の極に導かれる。ここで、電気を帯びた粒子が大気中のガスと反応して発光し、オーロラが発生する。
木星を周回する軌道から、ジュノは極付近で期待される荷電粒子の流れを観測することができなかったのだ。
その後数年間、研究者の間で何が起きているのかを解明するための議論が交わされました」とオドノヒューは振り返る。現在、オドノフ氏は宇宙航空研究開発機構(JAXA)で木星上層大気の研究を行っている(今回紹介した研究には参加していない)。
木星オーロラの明るさをマッピング 2022年1月に発表された研究論文では、ハッブル宇宙望遠鏡の集約データとジュノが測定した木星の磁場とその中を通る荷電粒子の流れを比較している。
研究を主導したレスター大学の天文学者ジョナサン・ニコルズ氏は、プレスリリースで「両者の関連性を確認できたときは、驚きで椅子から転げ落ちそうになりました」とコメントしている。
1度木星のオーロラとかみてみたいものですね。
あっ、地球のオーロラも一度も見たことがなかった。(笑)
また、お会いしましょう!