猫を飼うときはケージを用意しよう

子猫とか初めて家に迎え入れた直後の猫は、活動できるスペースが広々としていると遊び疲れてしまうこともありますから、休息させる目的のためにもケージを欠かすことができません。
掃除をするとき窓とか扉を開けたい場合や、猫を好まないお客さんの来客時、お留守番して貰いたいときのいたずら予防対策にとりましても、ケージがあることで安心できると思います。
動物病院とかペットホテルだとケージに入れることから、慣れておけば預ける機会が起こった際のストレスが低減するに違いありません。段の状態になったタイプは高さがあって、上下運動が可能なので一押しです。
猫のトイレですが、トイレ本体に「猫砂」という猫専用の砂をセッティングしてつかうものが一般的な方法です。
トイレ本体の種類については、上の部分が開いているオープンタイプのものや、屋根が張ってあり砂が飛び散りづらいドームタイプのもの、二重構造になっていて、上段のすのこに猫砂を敷いて、下段にあるトレーにペット用トイレシーツを敷くようになっているシステムトイレというのがあります。
子猫場合、縁が低いタイプの方が使いやすいと思います。猫砂ですが粒の大きさとか素材にいろいろあって、固まりやすいタイプとか、中には人間用のトイレに流すことができるものも見られます。
子猫のことを考えれば誤食してしまうことを防ぐために紙タイプが良いと思いますが、好みはそれぞれなので、何種類か試してみて合うタイプのものを探してみるといいですよ。
特になくても構いませんが、安心できる場所と考えて猫がリラックスするためのベッドも揃えておくのが望ましいです。猫は飼い主と一緒になって、人間用のベッドで眠ることも多く見られますが、一匹でいるのが好みの猫の場合は、ベッドを主な寝床にして使用することもあります。
カナガンキャットフード 値段